低資金でも自分のお店が持てる|目的に合ったフランチャイズ探し

女性

コストメリットを得る

スーツの人達

海外に進出するメリット

製造業を中心に海外に進出する企業が増加しています。同じ品質の商品を作るうえでも、人件費などのコストは安いに越したことはありません。また、日本の賃金基準は世界的にも高額です。そのため、海外の人件費が安い国で製造するほうが、コスト最適化が可能になるのです。しかし、国の状況によって会社設立をするのが得策か、判断する必要性があります。インドネシアはその点、会社設立をしやすい国になっています。基本的に、親日国に会社設立をするのが望ましく、経営もしやすくなります。インドネシアは親日国の代表的な国でもあるのです。さらに、人口は日本の約2倍にあたる2億5000万人が生活しています。人口が多いため、働く企業の進出を歓迎される場合が多くなっているのです。

従業員を考慮した設備

しかし、インドネシアであっても日本とは文化やスタイルは異なります。日本と同じ設備や内容では、働き手から不満が上がってしまう事には注意しなければなりません。宗教や食べるものの違いや、家族や文化など従業員を扱う上で、考えなければならないことは山ほどあります。もちろん、政府としてのインドネシアで行ってよいビジネスかどうかや、税金面の問題など、他にも会社設立の際に考えなければならない項目は山ほどあります。しかし、一番は従業員の問題です。既に進出してる企業では、社員食堂やシフトなど現地のスタイルに合わせた習慣を取り入れ、従業員が快適に仕事をしてもらえる環境づくりを中心に行っています。海外での会社設立は、初期段階で苦労は絶えませんが、軌道に乗るとコスト面などでメリットが生まれてきます。