低資金でも自分のお店が持てる|目的に合ったフランチャイズ探し

女の人

自分の店を持つ方法

握手

経験者・未経験者別の方法

独立起業がブームを呼んでいますが、開業スタイルの中でも特に人気が高いのはラーメン屋です。それだけラーメン好きの人が多いという点に加え、ラーメン屋は開業資金が比較的少なくて済む点にも魅力があります。全国に存在するラーメン店の数はコンビニよりも多いと言われているだけに、どんなに小さな街にも必ずラーメン屋があるものです。ラーメン屋を開業するには大きく分けて3つの方法があります。ラーメン屋の実店舗で働いたことのある経験者なら、暖簾分けと呼ばれる方式が最も低いリスクで開業できるやり方です。ラーメン屋を運営していくにはお客様の立場では見えない部分での細かいノウハウが必要となるため、実店舗で一定期間修行した経験があれば独立開業にも有利です。ただこの方法はチェーン店の社内独立という形態を取りますので、店の独自性は薄まります。まったくの未経験者が脱サラ等で自分の店を持つには、フランチャイズ加盟という方法もあります。大手ラーメン店チェーンの傘下に入ることでブランド力を獲得できますが、個々の店舗を成功に導くためには経営手法も問われます。ビジネスとしてのラーメン店経営を目指したい人には選択肢の1つとなります。

オリジナルの店を出す方法

以上2つの方法はいずれもラーメン屋としての独立性が低く、自分の店を持っても思うように自由度を発揮できないことがあります。夢を追い求める人にとっては、第3の選択肢が大きくクローズアップされてきます。それは独立支援・コンサルティング企業の利用です。ラーメン屋を開業し運営していくためには、前述の通りさまざまな専門知識と業務上のノウハウが必要となります。実店舗での修行経験のない人がいきなりラーメン屋を始めようとする場合、資金の問題をクリアしてもその点で躓いてしまうものです。限られた開業資金を有効活用して戦略的な店舗経営を実践していくためにも、独立開業のノウハウを持つコンサルティング企業の協力は不可欠です。そうした企業は学校や塾といった形態を取っている場合もあります。この第3の方法はオリジナルのラーメン屋を持つために最も適した選択肢でもあります。実店舗で修行をした経験者であっても、自分なりのアイデアを形にしたいという人はこの方法を選ぶといいでしょう。大手の傘下に入りたくない人や店の個性を重視する人にとっても、この方法から学ぶべき点は多いものなのです。

業界によって開業するための資金が違う

ラーメン屋の開業以外にも様々な分野において自分のお店を持ちたいと考えている人は沢山います。しかし、開業を行なうにも資金が必要となるのです。現在では、低資金で開業ができるフランチャイズが沢山あります。自分のお店を持ちたいけれども資金の問題で悩んでいるという人は、まずは低資金で開業ができるフランチャイズを探してみて参考にするとよいでしょう。

オフィス

介護事業の起業が人気

デイサービスの経営を行う事が人気になっており、個人でも介護事業に参入する事ができるため評判が良いです。介護事業の設立を支援している業者を利用する事で、知識や経験がなくてもデイサービスを経営する事ができるためオススメです。

スーツの人達

コストメリットを得る

海外に企業を進出させるメリットはコストメリットです。できる限り受け入れてもらいやすい文化を持っている国を選択することが大事になります。インドネシアはその点、親日国でもあり、受け入れやすい文化を持っており多くに企業が会社設立を行っています。

ウーマン

効率的な事業展開の方法

介護業界は高齢化によって需要が高まっているものの、介護保険制度の改正があって対応に追われることもよくあります。デイサービス事業では人の入れ替わりが多くて経営手腕が問われがちですが、経営支援事業のサポートを受けると介護制度の変革に柔軟に対応できるようになります。